2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイケ可愛い

「なんでもういっこ作ったの」
指を差された。人差指で。
「サイケがいるのに!ていうか!!津軽がいるのに!!!」
怒っている。
「いざやくん!!」
「うるさいな」
同じ顔の本物、いざやくん、はご機嫌斜め。そりゃそうだよなあ。
「どうせお前だってもう一人出来るんだよ?」
「なにそれ」
「もう決まってるの。津軽とおんなじようなお前がもう一人、冬になったら完成する」
「なにそれ……なにそれ!!知らないよ!!」
「言ってないから当たり前だろ」
「なんで?ひどいよ!!」
「はあ?何が。」
「新しいのが来たらサイケはどうなるの?ただでさえこれまで来たのに……いるのに!!!」
いざやくん、の胸元をつかみそうな勢いのサイケ、が頬を叩かれて沈黙する。
「うるさいよ」
胸が凍えるような声だった。
「そんなの自分で考えれば。」
サイケ、が俺の事を指していた手で頬を押さえたままうつむく。
「とにかく、できちゃったものはもうしょうがないでしょ。」
くっだんないことでぴいぴい騒がないでよ、と冷たい目でサイケ、をいざやくん、が見下す。
同じ身長なのになあ。思って笑いをもらしたらサイケ、があからさまな憎悪を示してこっちを睨んだ。
「よろしくなぁ」
優越と一緒に笑って差し出した手は叩き落される。
「おまえ」
睨んでくる目の奥に空虚がある。
「サイケとおんなじだっていざやくんが言ってた」
そのいざやくんはあくびをしている。真剣なのはサイケ一人だ。
「学ちゃんや津軽に触ったら」
サイケは涙をこらえている。笑える話だ。とってかわられるのがそんなに怖いか。
俺は笑う。どうせ同じ顔が冬になったらもう一人来るって暴露されたばっかりのくせに。
俺に盗られるのは許せないって顔で怯えが透けて見える脅しをかけて、お前に何ができるって言うんだ。
「許さないから」
そう、せいぜい許さないことぐらいしかできない癖に。
お前に許されないからって俺のどこも痛むわけではないのに。

ヤンデレサイケ可愛いね。
デリック静雄さんは性格悪そうな顔してますよね。
津軽と学園とサイケとツパチンがいざやの家で暮らしてたら楽しいですよね。
ちなみにリンダは家出しました。いずれツパチンも出て行きます。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hatihys.blog136.fc2.com/tb.php/171-f8c6cb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

娘ちゃんは «  | BLOG TOP |  » 静帝だったり帝杏だったり娘だったり女子中学生だったり

プロフィール

Q子

Author:Q子
東軍と佐助。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

bsr習作 (1)
告知 (2)
\デデーン/ (2)
ヒッキーさなだくん (3)
いろは譚 (1)
小十佐 (6)
家政が宇宙 (4)
伊達佐 (14)
いえまさかもしれない (12)
幸佐 (11)
デュラ (26)
お知らせとか (1)
bsr (1)
東方 (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。