FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習作

旦那、旦那と庭先から呼ぶ声で頭が起きた。夕暮れだ。朝から昼までの鍛錬で疲れた体にはまだ色濃く熟睡の気配が残っている。気怠い満足。よく眠った後の体の重い感じはセックスの後の余韻に少しだけ似ている。
「ねえ旦那起きてよ」
「なんだ」
不精をして寝たまま障子に手を伸ばす。指先がかろうじて引っかかる距離、桟に爪を立てて苦労して引き開けた先、縁側に肘を乗せてこちらに乗り出していた忍びがあからさまに顔をしかめた。
「なにしてんの」
「なんだ藪から棒に」
「いやいやいや起きてってそうじゃなくてね、旦那ね、いくら俺様が忍びだからってそれはひどくない」
「ひどいのはお前だろう。俺は熟睡しておったのだぞ」
ふわあ、と口に手を当ててあくびをする。
「ええー……」
目を開けるとさかさまの佐助ががっくりと首を落とした所だった。夕焼けが赤い。
「それで、なんだ」
ごろりと寝返りをうつ。
「聞く気ないでしょ旦那」
「まあそれなりに、ないな」
「あんた結構そういうとこ適当だよね。いいから起きてよ。じゃないとこっちの甲斐もない」
まあ仕方ないと起き上がる。胡座をかいて髪の擦れた首筋をがりがりとかいてもう一度、あくびをした。
佐助が眉を顰める。そうすると額にしわが寄って少しだけ、忍びの顔が薄れて拗ねたような幼い顔になる。
それを見るのが好きだった。


飽きた。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hatihys.blog136.fc2.com/tb.php/15-60f527a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前転一回転を反転しても好転はしないので残念、しかし無念なので何も感じてなどいないのです。 «  | BLOG TOP |  » 約束の寒の土筆を煮て下さい 【川端茅舎】

プロフィール

Q子

Author:Q子
東軍と佐助。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

bsr習作 (1)
告知 (2)
\デデーン/ (2)
ヒッキーさなだくん (3)
いろは譚 (1)
小十佐 (6)
家政が宇宙 (4)
伊達佐 (14)
いえまさかもしれない (12)
幸佐 (11)
デュラ (26)
お知らせとか (1)
bsr (1)
東方 (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。