2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイトグラヴィティ

慌てて後ろ手に閉めたドアの向こうに人がいる。脂汗を流しながら汗ですべって震える手で鍵を締める。自分の足の間にすきなひとのあたまがある。音を立てないようにそのままその場に座り込む。自分の顔を抱えると獣のにおいがした。

体を売って暮らしている。自分の話じゃない。みんなだ。自分の体を売っている。労働をする体を時間単位ではかりに乗せてグラムいくらの上等なお肉みたいに、時間いくらで売っている。昔も今も変わらない。みんな売春婦で、みんな男娼で、みんなはしたない。紙幣が昔から嫌いだった。手形とか、そういうのもだ。銀行振込のお給料とかぞっとしない。金貨銀貨の重みが欲しい。一仕事終えたら投げ渡されたい。それを財布に、あるいは小袋に集めてその重さを抱いて寝たい。

荒い息を整えようとして粘るつばを飲み込む。喉は熱がある時のようで、まったく慣らしていない下の口のように乾いてあつくてはりついていて、粘りついた少ない唾を飲み込むまでに三度ほどえづいた。

体中から汗が吹き出す。止め方を知らない。扉の向こう側で誰かが話している。体が震える。自分が引きずってきた重たい体が目の前の床の上に転がっている。自分がM字に開いて抱えた足の間に好きな人の頭が転がっている。脇の下に手を入れて引きずってこの部屋に放り込んだきりぴくりともしない。死んだのか確かめなくては、と思いながらそれをひどく億劫だと感じた。両の目玉の周りを手のひらで囲って水の中を覗きこむ時のように自分の足の間を眺める。押しのけた前髪が指先で梳かして腕を下に下ろす。
おそるおそる、横向きの顔の鼻の下に指を当てる。

息をしていた。

この人のために体を売らなければならない。
部屋は冷房が効きすぎていてしばらくすると汗で張り付いた下着がおぞけをもたらすほど冷たくなった。
自分を抱くようにして掴んだ二の腕の後ろの脂肪か筋肉か、とにかく肉が指先から熱を奪っていく。
話し声は一向に去らない。何を話しているか聞こえないのに、ただ、会話だけボゾボゾといつまでも終わらない。
隣の部屋でつけっぱなしのテレビのようにたまに笑い声を交えながらどこまでも弾んで続く。

自分の口を右手でゆるく握った拳で押さえる。つとめてゆっくり鼻から吸って鼻から出す呼吸を繰り返す。
手持ち無沙汰の左手を床の上に転がっている小十郎さんの髪の生え際に触れさせる。
だんだん冷たくなっていくからだが2つ。
自動で開閉するゲートをくぐって高速に乗って自動音声の案内で家に帰ったらアルコールのない代用物の飲酒をしていい気分になってテレビの中の虚構を見る。近未来みたいだと思う。ブレーキを踏まなくても危ない時には止まってくれる車。知らない場所まで自動でナビゲートしてくれる車。機能的で清潔で白い壁のイメージの近未来みたいな、現実だ。
人の声が消えない。自分の耳鳴りじゃないかと疑う。意を決して上半身をかがめる。
顔を寄せると小十郎さんのにおいがした。ヘアトニックと汗と若干土臭いのが混じった独特のかすかな香り。
「おきて」
ささやく。
ドアの外で話し声が一瞬途切れて汗がどっと吹き出る。すぐにどっと笑い声が響いてこわばった体がゆるむ。
「こじゅろさん」
もう一度囁く。ドアの外では笑い声がどうどうと響いている。手を叩く音まで聞こえる。
「おきて……」
不意にぞっと不安になった。
こめかみに触れさせていた指が髪をまさぐって地肌の温度を確かめる。あたたかいのを。そして脈拍を。
早く出ていかなくてはならない。早く戻らなくてはならない。
戻って、また体を売るのだ。しなくてはならない。お互いのために。
この人が動かない。
膝を崩す。たてていた膝を床について、狭い部屋にぎゅう詰めの体を四つ這いになった自分の体でまたぐ。
「起きて」
ややはっきりした声で呼びかけた。
「小十郎さん。起きて。迎えに来たんだよ」
俺様だよ、と呼びかける。軽く頬を叩いた。肉が揺れて、それだけだった。何の力も顔に入っていない。
足が震えた。
ゆっくり、無理な体制から立ち上がる。見下ろすと、床に倒れた男は死人に見えた。脈拍が勝手に早くなる。駄目だ、と自分に言い聞かせる。奥歯が鳴る。寒いせいだということにして噛み締める。足が震える。右足を持ち上げて、床を踏みつける。
意を決してまた、男の脇の下に自分の両手を差し入れる。持ち上げた下、体を半回転させて投技の直前のような体勢で背負う。ドアと向かい合う。どういう用途の部屋だか、おそらくは備品置き場にでもする予定の小部屋がたまさかあいていたのだろう。狭くて壁が白いだけのなにもない部屋だった。もう一つ出入口があるような部屋であればよかったのに、と思いながらドアを睨みつける。開けられてしまえばどのみち逃げ場はない。ただ、話し声が去るのを待って息を殺す。背負った男の鼻息が耳にあたって、それだけが心の拠り所だった。安らかで、整った呼吸。もっとして、と思う。ずっとそのまま、息をしていて欲しいと死人のように昏倒している男に望む。

このひとは自分を売った。俺様は今万引きをしようとしている。
人の売り買いなんて物騒に聞こえるけれど実際どこでもされていることで、その中身がどうであれ企業が、企業となってしまって人じゃない形をとってしまった時点で非道はうっかりまかり通る。人の集まりのはずなのに組織となってしまったら化物になって、いつの間にか、非道が許されている。あるいは求められ始める。線引きはどこからだろう。考えるけれど、それは自分に解るようなことではないような気がした。

持って帰って、この人を買うにはいくらいるのかちゃんと、携帯のじゃない電卓を使って計算しようと考える。
自分に値段もつけようと思う。そして自分を売って手に入れる。

そこまで考えて、昔クリスマスか何か、小学校で読まされた絵本を思い出した。
妻は自分の髪を売って時計の鎖を。夫は自分の時計を売って髪飾りを。
そういうことをしなくてもいいお金があればよかった、がクラスの大半の結論で、土地柄しょうがない事とは言え新米教師はおろおろした。だけどそういうことじゃないの、と今でも思うのだから進歩していない。いやそうじゃなくて俺様たち子供の頃から聡かっただけで進歩してないとかじゃないしと言い訳をしてみる。

ドアの前から話し声が消える。三々五々、去っていく気配。廊下は絨毯敷きだから足音がしない。内心で舌打ちをしながら
ともすれば早くなるカウントを10まで、念の為に5回繰り返す。50数えて大丈夫そうならすぐに動け、というのは昔何かのスパイ映画か何かで見た。下手くそな吹き替え、CMごとにぶつ切りにされてなにか大事なシーンを飛ばしてしまったままむりやり50分で完結する世界。夜中、起きだしてそういうのを見ている小十郎さんにくっつき直して寝るのが好きだった。
ドアを細く開ける。見渡した廊下には誰もいなかった。重たい体を背負って一歩を踏み出す。

捕まってしまった時のことを考える。詰問を。恐らく沢山問いかけられるどれにも返事をするつもりはないけれど、ひとつだけ、理由だけ、答えようと思った。

この人が欲しくて。

どうしても欲しくて。





社畜やめたいよーーーー!仕事楽しいよーーー!日本語喋りたいよーーーーー!(職場で) やけくそ!
スポンサーサイト

リスィーチカ

※学生パロです。小十佐おないどし。

指先をちょっと舐める仕草が好きだった。
冬でも水を触るから指先はいつも荒れている。何か、例えば教科書のページをめくったりプリントの類を探したり。そういうときに人に見つからないような時だけ、そして自分のものを触るときだけ、指先を口元に持って行ってちょっとだけ舐めて指を湿らせてページをめくる。
その仕草が好きだった。
図書館の本にはしない。人にプリントを配るときにはイライラしながらがさがさの指で工夫する。
誰も見ていないと思った時だけ。自分のものに触るときだけ。
その潔癖も好きだった。

それがさぁ。
「片倉せんぱぁい」
とかっつって。
ハンドクリーム。りんごの形の容器のやつ。信じられる?いい匂いのするやつだ。ゆずのリップクリーム使ってる女の子。椿油の配合されたシャンプーの香りのさらっさらの髪さしちゃって、冬でも静電気知らずなしっとりうるうるの白い手でさ。ぴかぴかに磨かれた爪でさ。この間はアリガトウゴザイマシターなんつっちゃって、さり気ない気遣いの贈り物。わかってるよねえ。負担に思われない程度。じゃまにならない程度。見てますよーって。
やめて欲しかったのになあ。
しかもさぁ。
「あ、あぁ…?どうも」
とかっつって?
受け取っちゃってさー。
どんな面でそれ家でさぁ、塗るわけ?って。笑えますねー、って俺様は頬杖ついて見てたわけだ。冷たい手で。

そんなん塗っちゃったらだめじゃん。
あんたがちょっと舐めた指先が耳たぶ触る。
そういうの考えてたんだよ。ほんのり濡れた感触。冷たい手。
あんたの舌が湿らせた指が俺様に触る。
教壇の上で水仙が甘い匂い。
俺様は唇なんか半開きにしちゃってさ、いいじゃないまるで映画みたいだ。

そういうのがよかったのになあ。
女生徒ちゃん或いは後輩ちゃんは膝丈のスカート揺らしてご退場。教室のドアに手かけて、振り返って柚子の香り、ぴかぴかの唇に微笑乗っけて、小さく頭下げて廊下を軽い駆け足。あーいいねーって紺色のプリーツが翻るの眺めながら俺様は机の上に突っ伏す。暖房であっためられて、確実に片倉さんの手の上の林檎の容器みたいに赤い頬を詰めたい机が冷やしてくれる。
あーやだやだ。これだから冬は嫌だ。すごく嫌だ。机気持ちいいし。旦那は早起きするし。起きた瞬間からハイテンションだわ半袖でランニングするからご近所の目は冷たいし。寒いし。マフラーとか手袋とか。ホカロン入れとかハンドクリームとか。
ちょっとしたプレゼントに困らない季節。
冗談じゃない。

女の子は得だ。すごく得だ。俺様そんなんやってもちょうサムい。ていうか怖い。やだやだ。
顔の向き変えて同級生越しに空を見上げる。耳が冷えてく。気持ちいい。マフラー似合わないあの人にとかそういうのロマンじゃない。好きな人にはあったかくしてて欲しいとかカワイイじゃない。あなたを見てますのアピールしどころじゃないですかぶっちゃけ。
ぶっちゃけ。
好きって言われたら悪い気しないじゃん。
だってヤリたい盛りじゃん。
コーコーセーじゃん。
俺様だってヤリたいもん。
そんなんばっかで頭ん中ぐちゃぐちゃ。

「おい」
頭の上に軽くて丸い物体X。
「あによ」
手で抑えて起き上がる。触った瞬間げんなりした。指先に林檎のへたの感触。
「どうだ」
「あにがよ」
冷たい手が顔の前に突き出されてイラっとしたから口を開けて噛み付く振り。
こらやめろ、とかってちょっと笑って、林檎の匂いの指が俺様の鼻を摘む。
「やめてよ」
鼻づまりの声が出た。
触られたかったのはそんな手じゃない。



プロットいっこ切り終わったからご褒美小十佐!りぞさんへー!

15分ライティング

こじゅーろーに脱力したままへばりつく佐助ちゃん(21時35分)

「ん……」
緩むと同時に鼻にかかった声が出てしまって、もうなんかだけど、恥ずかしいとか思うのもめんどくさい。
弛緩した体が重たい。
は、とさっきまで詰めていた息を、ゆっくりゆっくり、腹の底から吐いて、首に手を回す。
「ね……抜いてよ……」
言うけど、くっついてしまう。裸だから、きもちいい。暖房の効いた部屋で夜更かしするのは楽しくて、気持ちよくて、ずっとこうやって布団の中でごろごろしていたい。疲れていたけれど、眠ってしまうのがもったいなくて、すぐに乾いた肌をすり寄せる。ぬる、と下から抜けてくのを太ももで挟んで、笑う。
「ねー、ちょっともーかたいんですけどー」
「あぁ?」
他に返事のしようがあるんじゃないのー、とか甘えながら、鼻を埋めた首筋に唇を落とす。
セックスよりこうしてる時のほうが気持ちよくて、幸福で、好きだ。食事それ自体より、食後にああおいしかった、って話しながらソファーでべたべたする方が好きなのと同じように。
「んぅーーー……」
くん、と俺様の首筋を小十郎さんが嗅ぐ。
「なぁに……」
ぎゅうぎゅうとくっついて、疲れた体をまるごと預ける形で体重をかける。太ももの間でぬめる性器の熱が愛しい。平和だ。舌を出して肌を舐める。自分の唾の匂い。小十郎さんの肌のにおい。汗の味。
「んふーー……」
深く、息を吐いて、気持よかった名残を追いかけながらできるだけ肌と肌を合わせようとごそごそ動いて、くつろぐ。膝の上でぐるぐる回って落ち着く猫もこんな気持、なんだろうな、って感じ。うと、とこのまま寝てしまうのもいいけど、楽しいからもう少し起きてたい。
「ね…ちゅーしてよ」
べったりくっついた状態で、耳元で無理を言う。ふざけて。笑いながら。
そうするとちょっとだけ無理に顔を曲げて、一番近いところにキスしてくれるのを知っている。


らぶるす

この人が欲しいとか欲しくないとかあんたの愛はいらないとか愛じゃなくてもいいとかそんなんじゃないとかそれでもいいとかなんでもいいからそばにいたいとか。

あーめんどくせえ!

ってなるじゃん。なるじゃないですか。なるよね。

ねえ。


つったのにあんたときたら丸無視でもーどーしよーもないからドアを蹴ってやった。ガン!て結構おっきな音して、やべ、誰か来るかな、とか割合に小心者の俺様は首をすくめてみちゃったりして、だけどあんたは赤ペンで丸つける手は全然止まらない。さらさらとついてくマルバツ、数学とかいいよねえ採点楽だよねえ、なーんて。

あのさ戦国でさあ誰も死なないとこに生まれてみたいとか思ってさあ、俺様この世に生まれて嬉しかったりしたんですよ、そしたら今度は男同士がタブーでさあ、がっかりとかもしたんですよ、とか。
あんたの知ることじゃないし押し付ける気もないしだけどそれ言い出したらどこまでエゴでどこまで。
俺様あたまわるいからわかんないよ、センセー。とか。

「ねー」
職員室ばっかりクーラーきいてて窓開けたら熱風扇風機回しても温風に慣れてる体、と、制服にはここはやたらに寒い。センセーって毎日スーツで大変だよねえとか授業中思ってたのを撤回する。好きで着てるわけじゃないのは同じでも、それがルールだから着てるわけじゃなくて着てなきゃ風邪ひくから着てるっていうのも絶対ある。鼻水垂れるレベルだこれ。何度だよ、とか思って机から降りてクーラーを見に行く。20度だった。
「げ」
声が出た。何がクールビズだ。省エネだ。くつろげたシャツの襟元にどきどきした思春期のエロエネルギーを返せ。暑くってもネクタイ締めてろ。腹が立ったから腹いせに止めてやった。即効性はなくても後からじわじわ暑くなって苦しめ。

振り返る。夏休みだ。センセーがいない職員室ってなんだかしらじらとしてちょっと爽快だ。端っこの机で肘ついたまんま、手にインクずれこさえて片倉さんが座ってる。よどみなく動くペン。マル、バツ、ちょっと考えてサンカク、訂正。やっべちょっとカッケーわーセンセーだー、とか。なーんちゃって。……なーんちゃって。

しにたくなってくるのだ。前世であれだけ生きたい生きたい思って生き抜いて結局死にたくねーふざけんなとか暴れたい勢いで不慮の死を遂げたくせに、こうやって生きてて、たかがあんたがこっちを向かない程度でぼんやり、死にてーとか思うようになってたりとかして、もうやだやだやだなんもかんも、みたいな。
思春期の鬱屈、みたいな。

「ねえ」
寒いし。
「ねえ!」
無闇に悲しくなったりしてジョーチョフアンテー、保健室のとなりのカウンセリングルーム駆け込んで、せんせ、おれ数学の片倉センセと前世からの仲なのに全然振り向いてくれないんです、とか泣きわめいて病院贈られて見よっかな、とか。でも今世のハハオヤチチオヤ悲しむかな、とか。この人どんだけ俺様のこと大切なんだろ、とか。考えたら負け。自発的な感情の動きじゃなきゃ意味がない。ばかげてる。

ばかげてる話だ。
泣きたくなって、でも泣くのは悔しくて、足おもっくそ引いて、ガン、とか。音を期待したのに全然音とかしなくてむしろ足にめっちゃダメージきてもうなんかもう、もうむしゃくしゃするだいっきらいだ!って、あっという間に反転する、から、自分がこうだから、あんたを信用出来ないんです、なんて、まるっきり子供で
「ねえ俺様が好きとか言ってもあんた別に全然なんともなくってさ俺様ばっかり悲しいのずるいじゃん!」
言っちゃったりして。
しかもちょっと泣いたりして。
足痛いからだし、とか、自分に言い訳して、ていうか脳内だからちょう無意味だし。
しにたいし。

「死んじまえばーかばーかばーかばーか!!」とか言って三流ドラマみたいにこのあと片倉さんが死んだらちょう後悔するから、後悔しないために
「嘘だけど!」
とか言ってすぐ撤回するし!

ああもう死にたいってぐるぐるして廊下に出たら蝉鳴いてるしぶわって暑くて体中の毛穴という毛穴から水分が流れだす錯覚、体中暑いし頭の中ぐちゃぐちゃだし泣きたいし野球部なんか爽やかに練習してるしそのまま階段かけ降りたら確実に陸上部と鉢合わせる感じに掛け声迫ってきてるしもう、もう、もう、もう!!
とりあえず後ろ手にぴしゃんと閉めたドアを押さえたまんま無理やり開けようとする力期待して、こなくて、もうなんか涙腺爆発、ていうか、鼻水すごい俺、の20m弱となりのドアがガラって開いて
「終わったら話聞いてやるからともかく戻れ」

ばっかばかしい。
嬉しい俺様が一番ばっかばかしい。
沸騰した頭から血が逆流する。
ばっかばかしい。


このあと高速のってわざわざ千葉のラブホまで行ってセックスする。

@z2axxx

鈴蔵さんへお誕生日おめでとうございます。
遅れました。当日の醜態思い出すと割腹しろという感じ。
あれからさまよってまだ家に入れないかんじですが生きてますというなんかあれ。多分生存報告。



ラブとか言うらしい

「言うの?」
「言わねえよ」
あ、ちょっと今の言い方あんたのご主人様に似てた、と思って寝返りをうつ。思ったより布団が狭くて体半分落っこちた。畳に側頭部打ち付けてむっとする。横幅でけーんだよ、とか、男ふたりで一個の布団とかそういうの、棚にあげて俺より太いのを非難。
「ふーんそうなんだー言わないんだー言ってくれないんだー」
聞えよがしに言って、口を閉じる。沈黙。ですよねー!とか思って二の腕(自分のだ)に顔を埋める。固かった。白くもないし柔らかくもない。そういや二の腕っておっぱいと同じ感触とか言って思春期には男同士で揉みあったりもしました。くっだんねー。女の子のほうが絶対やわらかくてもうなんだろうね、あのむにむにもちもちしたの、ほんと、たまらないとしか言いようがなく下半身直撃、なんですけどね、なんで俺様俺よりむっさい男と一緒の布団、ですらなくはみ出して畳の上で固い二の腕枕にしてんですかね。しかも自分のだし。
「ばっかばかしー」
声に出す。ラブとか言うらしい、のですよ寒い痒い言葉。南蛮の宗教が押し売りしてくるやつ。旦那語で恋が破廉恥なら多分こっちは卑猥とか淫らとか不道徳とか。その結果あんたも出来たんだけどね、とか言うと鉄拳制裁なのでどうしようもなく理不尽だ。つうかむしろラブとかなかったのがあんたの両親で、ソッチの方がよっぽど反社会的?なんて難しい言葉こねくりまわしてひとりでぐるぐるなんかしちゃうわけだ。俺様あったまいー。とか。
考えちゃうわけだ。頭切れたって忍びなんでね、大した事にならないですけど。旦那のためになるぐらいで終わるんですけど。でもそうやって縁の下で貢献さんざしてあげたって給料上がるわけでもないし。だってあのひとばかだから。箱入りだから。純粋培養だから。俺様の言ってる理屈はんぶんだって理解してるか怪しい。その点この人とか逆に鋭すぎてほんと、俗世の垢まみれだよなあ、とそこを好ましく思いつつ疎んでたりとか、上田でのいつもよか全然意思疎通できてる会話してて不意に旦那恋しくなってみたりとか、人間って難しい。と世間一般を自分のことみたいにしてみる。実際世間様と自分って全然違うので、一般論で誤魔化して普通気取ってみたり、頭ん中だけでしてふふふとかひとりで笑うのだ。俺様人並みみたーい。やったねー。

で、ラブとか言うらしいものを真っ向否定されて俺様は今傷ついている。わけでもなくそうだよねーとかはなっから期待してない予想まる当たりでふて寝してる微妙に物悲しいような逆に安心するような。いーじゃん言葉ぐらい、って寂しいような。俺様もお隣でふとん占領してる無神経様もどっちも首輪付きなんで、愛しております、とか。半笑い。慕うております恋うておりますとかそんなん絶対無理以前にありえない。前提条件からして間違ってる。けどとりあえずもう寝てたりして、今日もすでに一回致してたりして、触ったら勃っちゃう程度には好意あり脈あり、もう考えるのめんどくさい。頭と体って別もんに出来るけど基本的には繋がってるので体、触るの、好きなんです、が、ラブとか言うらしいのになんとなーく、繋がってたりして、うっかり傷ついたりしちゃったりなんかして、とりあえず畳痛くて二の腕に痕付きそう。
「ねー」
布団を奪還すべく寝返りうったら遠心力ついた手のひらが傷ありの頬に当たっていい音がした。
「……らびゅー?」
うっわさすがにしまったと思って聞きかじりの英語で誤魔化して笑ったら手首掴まれてアイがない、とか言われてちゅーされたんで上田には明日の朝帰ります。当初の予定通り。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Q子

Author:Q子
東軍と佐助。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

bsr習作 (1)
告知 (2)
\デデーン/ (2)
ヒッキーさなだくん (3)
いろは譚 (1)
小十佐 (6)
家政が宇宙 (4)
伊達佐 (14)
いえまさかもしれない (12)
幸佐 (11)
デュラ (26)
お知らせとか (1)
bsr (1)
東方 (5)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。